【Deccs】横浜・川崎のデザイン住宅・注文住宅オフィス
  • NEWS
  • WORK FLOW
  • DEVELOPMENT
  • WORKS
  • STRUCTURE
  • COMPANY
  • VOICE
  • GUARANTEE
  • CONTACT
工法と素材
  • デックスの工法
  • デックスの素材

屋根の素材

ディプロマット(ジンカリウム鋼板)

アルミと亜鉛、シリコンを組み合わせた8層構造の鉄板で30年間の剥離、腐食、色あせ等の保証がついている高耐久仕様の屋根材です。費用のかかる屋根の葺替え等のメンテナンスが他の屋根に比べて少ないのが特徴です。
重量も一般的な瓦の1/8程度で非常に軽く、建物の耐震性が向上します。

ディプロマット(ジンカリウム鋼板)
立平ロック(金属板金屋根)

金属製の板金屋根。板金特有の平滑で光沢感のある屋根材なのでスタイリッシュでシンプルな建物の外観をつくることが出来ます。
瓦屋根よりも軽く、耐震性も向上します。

立平ロック(金属板金屋根)
リッジウェイ(グラスファイバーシングル)

アスファルト基材とグラスファイバーで構成される屋根。柔らかく割れにくい素材で、施工中に割れて、雨漏りの原因になったりする心配がありません。色あせにも強く、重量も軽いので耐震性が向上します。

リッジウェイ(グラスファイバーシングル)
スレート屋根(コロニアル屋根)

スレート石葺きの様な模様をもつ、工場生産品。屋根材の中では、昔から用いられているポピュラーな屋根材。

スレート屋根(コロニアル屋根)
瓦屋根

天然素材である自然の年度を燃料とした、焼成品で耐久性に優れ重厚感があり、高級感のある外観をつくることができます。
瓦の形状や色の種類も多くあり、洋風、和風、アジアンテイストなど様々な外観のイメージに対応することができます。

瓦屋根
外壁の素材
ユニプラル(ガラス質の自然素材左官壁)

伝統的な塗壁の文化が根付いているフランスのモルタル製造法を基に、日本の気候、風土に合わせて開発された自然素材の外壁左官材です。
無機質塗材の性質上、表面に静電気を発生させない為、外気中の汚れが付着しにくい材料で、一般的な有機質の左官壁よりもすぐれた耐久性を発揮します。
洋風にも和風にも対応できる万能高耐久左官壁で自然素材特有のやわらかい外観を演出できます。

ゲーテハウス株式会社

ユニプラル(ガラス質の自然素材左官壁)
漆喰

古くから城郭や寺社、商家、民家、土蔵など、木や土で造られた内外の上塗材として用いられてきた建築素材で、調湿機能に優れている材料です。
白く平滑な仕上げ面は美しく、自然素材ならではの柔らかい雰囲気をつくります。近年ではホルムアルデヒドの吸着分解の機能があるものとして注目されています。

漆喰
窯業系サイディング(工場生産品)

イルや、レンガ、石張りの模様などを模した、窯業系の外壁パネルです。施工手間がかからず施工がしやすいので、近年の住宅にはよく用いられています。左官の塗壁に比べて汚れが付きづらいものが多く、コーティングが施されているもなど各メーカーにより様々な商品が開発されています。
工場生産の為、均一でスタイリッシュな雰囲気もあり、シンプルでスマートな住宅の外観をつくることができます。

窯業系サイディング(工場生産品)
ガルバリウム鋼板

合成鋼板による外壁でシンプルなイメージ外観をつくる際に用いられることが多い素材です。
金属板特有の光沢感があり、スタイリッシュな外観をつくることができます。

ガルバリウム鋼板
内部の素材
無垢フローリング

べニアを積層して成型したフリーリングではなく、切り出した自然の木材をそのまま整形した材料のフローリングで、自然素材ならではの風合や色むらがあります。素足で、のった感覚も暖かみがあり、近年の注文住宅では人気の材料です。
樹種も様々でインテリアの雰囲気にあった、色味や木目などを選ぶたのしみもあり、時と共に独特の風合いがでてくる素材です。

無垢フローリング
珪藻土

珪藻の化石からなる、自然由来の材料です。
昔からその高い保温性と程よい吸湿性を生かして壁の仕上げ材に使われてきました。
近年、自然素材への関心が高まるとともに、壁土への利用用途が見直され脚光をあびています。表面の仕上げの種類も様々あり、平滑な表現や、ざらざらとした和風の雰囲気のある表現も可能です。
自然素材なので、アレルギー体質のお子様をもつ方にも多く用いられる安心素材です。

珪藻土
モザイクタイル

モザイク模様のように細かなタイルが、様々な色をつくる綺麗な内装材です。
お手洗いや洗面などの水周りや、キッチンカウンターの一部などにアクセントとして使用すると、デザイン性が高くなります。

モザイクタイル