デックスの工法

structure デックスの工法
代表的な工法(木造)

CONSTRUCTION METHOD CONSTRUCTION METHOD 代表的な工法(木造)

良い建物を造るには、良い建物の作り方をしなければなりません。現場の品質管理はもちろんのこと、建物の建て方も重要なポイントとなります。

在来軸組工法

土台と柱と梁(はり)で建物を組み立てる日本の伝統的な工法で、一般には在来工法と呼ばれています。在来工法は、日本の高温多湿の気候風土に最も適し、長く引き継がれ発展してきた工法です。構造的には太い柱や梁で骨組みを構成し、接合部にはボルトや金物で強力に緊結され、柱と柱の間に斜め材の筋交いを設けた耐力壁を構造計算の上設置して、地震時の水平荷重に対応します。
主要構造が軸組みで構造検討がしやすい為、プランニングの自由度が高く、デザイン性の高いハイドア、ハイサッシ等の大きな開口部、バラエティに富んだ仕上げや外観スタイルが採用できる工法です。
柱を露出させる和風なデザインや遊びのある複雑な空間等、デザイン重視の方にお勧めの工法です。

制震工法

建物の壁内部に高減衰ゴムダンパーを取り付け、地震による揺れを吸収し、建物の損壊を軽減させる工法です。
基礎構造を変更する免震構造よりも、リーズナブルで土地や建物のプランニングの制約も少ない工法です。

パワービルド工法

柱や梁には頑丈な構造用集成材を使用し、壁には構造用耐力面材で補完。接合部には専用金物を取り付けることで剛性を強化。点と面、両方で建物を支える、高い耐震性を発揮する新しい建築工法です。
建築基準法に対し、1.5倍以上の耐震強度(耐震等級3)を保つように設計。実大振動実験において、阪神淡路大震災の1.25倍の揺れでも倒壊しない、高耐震性能を誇ります。

OTHER CONSTRUCTION METHODS OTHER CONSTRUCTION METHODS その他の工法

ウレタン吹付工法

化学反応にて発泡する断熱材(ウレタン)を現場で吹付ける断熱工法。断熱材が100倍に発泡して部材の隅々まで圧着し、外気に通じる構造躯体の隙間が極めて少なくなる。特に建物の断熱性、保温性が向上し、夏涼しく冬あたたかい省エネ住宅をつくることができる。

基礎断熱工法

基礎内部の通風をとらずに基礎で断熱する工法。寒冷地で多く用いられる工法で、1Fの床の冷たさが解消されます。

外張断熱工法

建物をすっぽりくるむように断熱材を施工する工法で、熱橋が少なく断熱、保温性能に優れた工法。冬でも保温性の高い暖かい家をつくる工法です。

CONTACT US

資料請求、無料プランニング、
土地探しのご要望など
お気軽にお問い合わせください。