【Deccs】横浜・川崎のデザイン住宅・注文住宅オフィス
注文住宅の問合せ
注文住宅の電話相談
  • ニュース
  • 家づくりの流れ
  • スタッフ紹介
  • 注文住宅の実例
  • デックスの建築工法
  • 会社概要
  • お客様の声
  • デックスの建物保証
  • お問い合わせフォーム
 

地震に強い注文住宅って? 失敗しない家づくりノウハウ

地震に強い注文住宅さむね
 
地震に強い注文住宅がどんな住宅かご存じでしょうか?

昨今、環境省の発表ではマグニチュード7.5以上の地震が
30年以内に起こる確率は70%以上
と言われています。
苦労して建てたマイホームが水の泡になってしまっては悲しいですよね。

今回は、人生に一度の買物でもある家づくりを失敗しないためにも
「地震に強い注文住宅」について把握をしておきましょう。

 

■巨大地震での住宅被害事例

実際に2016年に発生した熊本地震の被災地を視察した際に見た住宅被害を3つ紹介します。
 

・1階が押しつぶされた住宅

image10

比較的新しい家ですが、ご覧の通り1階が押しつぶされてしまっています。
修繕は難しいので、新築に建て替える以外方法はありません。

熊本地震では最も被害の大きかった益城町では、99棟の新耐震基準で造られた住宅が全壊しました。新しい家であっても全壊することがあるのです。
 

・基礎が欠けた住宅

image9

このように基礎の一部が欠けている住宅は、意外と多く見受けられました。
わずかな損傷ですが、基礎は家の土台となる重要な構造ですので、強度の低下が心配ですよね。
修繕して住めるかどうかはわかりませんが、2年後に同じように基礎が欠けた現場を視察すると、ほとんどが更地になっていたり、新しい家に建て替えられていました。
 

・外壁が割れた住宅

image4

被災地を視察して多かったのが外壁のヒビや外壁が崩れ落ちている家でした。
これは新築の住宅でも多く見受けられました。
外壁だけなら強度に影響はなさそうですが、このような家の場合は、
損傷が1か所だけでなく、外壁・基礎・屋根など多くの損傷が見受けられます。
複数損傷した場合の修繕費は、100万や200万円では済みません。
数百万円、場合によっては1,000万円近い修繕費が必要となります。

 

■地震に強い注文住宅とは?

 
大きく分けて地震に強い注文住宅の要素は2つです。

1.耐震性の高い基礎
2.耐久性の高い工法

この2つが組み合わさって、マグニチュード7.5以上の地震でも耐えられる可能性があります。
それぞの特徴について解説していくのでメモでも取りながら見てもらえると嬉しいです。

 

・耐震性の高い基礎

基礎は建物の一番下部にくるものです。
基礎が建物に対して果たしている役割として、
「上に載る建物をがっちりまとめ一体化するのと壁をしっかり支える役割」があります。
もっと、分かりやすく解説をすると
「地震の際に構造部がバラバラにならないよう下で固めている」のです。

基礎は鉄筋コンクリートが一般的です。
大事なのは、厚さ150mm以上だと安心できると言われています。
 

・耐久性の高い工法

建物を建てるときの工法は様々ですが、おススメなのは2×4工法(ツーバイフォー工法)です。
2×4インチの枠材で建物全体を覆うことからこの名前になりました。

2×4工法は「面」で構造体を構成し、その配置のルールを細かく決めることで耐震性を確保。
この工法を覚えておくと家づくり成功の最短ルートになるかもしれません。

 

■デックスが地震に強い3つの理由

デックスの注文住宅は「地震に強い注文住宅」であると胸を張って断言できます。


1.通常よりも1.2倍厚い基礎の導入
2.国が定める壁倍率5.0倍の理論値より高い5.7倍の耐震構造
3.アンカーボルト採用で大地震での倒壊も防ぐ

 

・理由1 通常よりも1.2倍厚い基礎の導入

基礎立ち上がり幅・スラブ厚を、従来標準150㎜→170㎜へグレードアップしています。
厚みがますことによる耐久性の向上が見込めるからこそ、導入を決めました。

image1

住宅金融支援機構仕様標準の立ち上がり幅120㎜(スラブは150㎜)を大幅に上回る170㎜を採用することにより、鉄筋のコンクリートかぶり厚を増やし、コンクリートの中性化現象による、鉄筋の錆、腐食の進行を抑え、長期耐久性を確保しております。
 

・理由2 国が定める壁倍率5.0倍の理論値より高い5.7倍の耐震構造

壁倍率とは、建築基準法で定められた耐力壁の強さのこと。
デックスでは、一般的な在来工法の筋交い(1.5倍)や2×4工法の構造用合板(3.0倍)に代えて、両工法とも外壁にせん断剛性が合板の2倍の強度の厚さ9mmの構造用パーティクルボードを規定の釘ピッチで打ち付け、内側に石膏ボードを張り合わせることで耐力壁の強度を高めています。
image6

この構造のおかげで国の基準値よりも5.7倍の耐震構造を誇る注文住宅を実現することができました。
 

・理由3 ホールダウンアンカー採用で大地震での倒壊も防ぐ

地震時の揺れにより基礎と土台の間には大きな引き抜き力が働き、それを繋ぐホールダウンアンカーの耐力が限界になると、建物が倒壊してしまいます。

デックスでは1階柱脚ホールダウンの箇所全てに高引張耐力アンカーを採用。
地震の際に起こる、横揺れによる建物を引き抜こうとする力に対し、60kNという高耐力アンカーボルトにより建物の引抜き力に耐え、倒壊を防ぎます。

60kN、これは6トンの衝撃にも耐えられる性能を誇ると言われており、一般的には25kNのアンカーボルトを用いることが主流ですが、デックスではその2.4倍の強度のアンカーボルトを使いながらもコストパフォーマンスに優れた注文住宅が設計可能です。

image7
 

■まとめ

自然災害は時を選ばず襲ってきます。

防災用品の準備や避難方法なども大切ですが、これから新築する方は、
倒壊しない注文住宅、損傷しない注文住宅(構造)を選ぶことができます。

また、地震時の振動エネルギーを瞬時に変換する、
高減衰ゴムの性能を利用した住友ゴムのMAMORY。
image2

地震の揺れを吸収、放熱し、さらに、繰り返し発生するする地震にも効果を発揮。
繰り返し起こる大地震に対して、揺れ幅を89%低減します。

image5

大切な住まいと、みなさまの生活を守る制震装置もデックスでは採用しています。
(MAMORYは地震で被災した熊本城にも採用している、インフラを守る機能)

加えて、デックスでは長期優良住宅を標準としています。
地震の観点でいうと「耐震等級2級」が基本認定。

(ご希望の場合は「耐震等級3級」も可)

デックスのモデルハウスやショールームでは耐震性についてゼロからご紹介しています。
 
実際に構造を見て、触って、過去の災害での実績を確認して、
「失敗しない家づくり」をしていただければ嬉しいです。
最後までありがとうございました。
 
image3
 
image8